Home 11月に着るアウター
« Home »
11月 25th, 2014 11月に着るアウター はコメントを受け付けていません。

11月に着るアウター

Tags
Plurk
Share this

私はいつもこの時期に悩んでしまうのが、一番上に着るアウターです。

まだ雪が降るほどの寒さではないので、オーバーコートは早すぎます。

かといって、薄手のジャケットではもう寒くなってきました。

日中のお天気の良い日でも、風は冷たくなっています。

少し厚手でしかも、真冬のような完全防寒着ではない、アウターがあると便利です。

毎年、この時期は一体何を着ていたのだろうと思ってしまいます。

とりあえず、普段はラフな格好が多いので、今はジージャンを着ています。

ジージャンを着ている人はあまり見かけません。

ジージャンは生地が丈夫ですが、重たいので肩が凝るのが難点です。

しかし、ジージャンは丈夫で、年齢や性別を問わず、長く着れるので、愛用しています。

他の人のアウターを見てみると、意外とすでに冬の格好をしている人もいます。

ボア付きの帽子の防寒着を着ている人も見かけました。

雪がある、ないに関係なく、寒くなったら真冬の格好でもおかしくないのかもしれません。

日本は四季がはっきりしているので、着る服がたくさん必要になります。

さらに四季の間の微妙な季節も入れると、本当にたくさんの洋服を用意しなければなりません。

それに、流行が入ってくると、洋服の回転が速くて大変です。

先日、テレビを見ていたら、日本にいる外国人の方々が、そのようなことを話していました。

日本ほど、季節に合わせて、いろいろな洋服を着る国も珍しいようです。

逆に言えば、それだけバリエーション豊富な自然環境の中で、おしゃれのし甲斐があるのかもしれません。

気温が同じようでも、春と秋の服装は、色が違っているので、ある程度、春と秋は季節ごとに分けて着ているような気がします。

パステル系の色は春に似合いますし、濃い色合いは秋に似合います。

着る洋服の種類が多いと、それだけ着こなすテクニックやセンスが必要になってきます。

これが難しいところでもあり、またおしゃれを見せる腕の見せ所でもあるかもしれません。

20代前半後半レディースファッションで季節に合った洋服を楽しんで着こなしていければ良いな、と思っています。

Comments are closed.