異性に好まれる男性服の着こなしとは

男性であれば誰も異性からもてたいと考えています。

これはごく自然な事であり、そういった人は中身よりもまず外見を変えようとします。

その時に男性服の着こなしが出来ていなければ、外見で嫌われてしまう事も出てくるので知識を持っている事が大切です。

自分の年齢にもよりますが、30代の男性であればある程度落ち着いた男性服の着こなしが好まれます。

もういい年であるので、チェックシャツにデニム等はよほど格好良く着こなしていなければ敬遠される事になります。

この年齢になれば基本的にはきれいめアイテムを中心にコーディネートする事になります。

おしゃれが出来る季節の代表格である春での着こなしに例えると、白のチノパンに黒のジャケットでグレーのインナー等のモノトーンの着こなしがお勧めです。

春と言えばカラーを着る絶好の機会と考えられがちですが、そういった季節だからこそ大人はあえて明るめのモノトーンでまとめます。

ボトムを白にしているのでジャケットよりもそちらに目が行くので暗い印象にはなりません。

ここで大切なのはアクセサリーや小物に関して妥協しない事です。

メインのトップスとボトムスがモノトーンである場合には靴をブラウンにします。

そして小物やアクセサリーに関しても必ずカラーのアイテムを取り入れます。

そうする事によって小物や靴をコーディネートが引き立ててくれるのでオシャレに見えます。

これは男性服のコーディネートの一例ですが、この様なモノトーンが好きでない場合においてはブラックとブラウンとホワイトのどれかを取り入れる事を条件に、カラー同士の組み合わせも好印象を与える事が出来る着こなしとなっています。

ブルーのポロシャツに白のチノパン等を組み合わせれば、爽やかな大人の男性を演出する事が出来ます。

あくまでも自分に合った印象になる服選びで失敗しない男性服を組み合わせる事が大切です。

また、肌の色も考慮して顔の色が浮かない色をトップスの色に選ぶようにします。