Home ニキビ跡と赤みを治す薬は
« Home »
4月 28th, 2014 ニキビ跡と赤みを治す薬は はコメントを受け付けていません。

ニキビ跡と赤みを治す薬は

Tags
Plurk
Share this

ニキビ跡には種類がいくつかありますが、肌の奥にある組織ほど重要な役割を担っており、その部分が傷つくとクレーターや色素沈着といった深刻なニキビ跡を残してしまいます。

ニキビ跡の中で比較的軽い症状なのが、赤みが残るタイプです。

ニキビが治った後に毛穴の周りがうっ血することで赤みが表れます。

赤ニキビとの違いは膨らみがあるかどうかです。

膨らんでいなければ赤ニキビのように見えていても、実はニキビ跡の赤みです。

赤みを治すには、ディフェンゲルという薬が有効です。

皮膚科でも処方されますが薬局で購入することもできますので、手に入れやすい薬です。

効果の出方には、やはりターンオーバーの速度や肌質等により個人差が出ますが、最低でも1ヶ月は必要です。

ニキビのできる人は、体質や生活習慣により治ってもまた新たなニキビができてしまうケースが多いので、治癒後も継続してディフェンゲルを使用することがあります。

ディフェンゲルには新たなニキビができるのを抑制する働きがありますし、万が一できてしまっても初期ニキビに非常に効きますので悪化する心配がありません。

使用する時は、粘膜や眼や口を避けてつけます。

重症の場合には抗菌剤と併せて使用するという方法もあります。ニキビ跡を治すための各部位に効果的な化粧品とは?のようなものもありますので気になるところのケアに参考にしてみるといいでしょう。

Comments are closed.