Home あの時何か言っていれば
« Home »
2月 22nd, 2015 あの時何か言っていれば はコメントを受け付けていません。

あの時何か言っていれば

Tags
Plurk
Share this

私は新しいファッションに挑戦するというのが苦手です。

嫌なわけではないのです。

誰かが着ているのを見て、「あんな服着てみたいな~。

」とかはよく思っています。

しかし、周りに似合っていると思われるかどうかが分からないので、どうにも一歩踏み出せません。

結局、踏み出さないか、踏み出すのはもっと後になるかのいずれかになります。

その一歩を踏み出したのが友人でした。

私も人のことは言えないのですが、友人もそこまでファッションという分野に強いわけではありません。

その友人が思い切ったことをしてきました。

革ジャンを着てきたのです。

強くはないものの、弱いわけではありません。

控え目で、特徴がそこまでない服を着てくるというのがちょうど良いイメージだと思います。

そんな友人が革ジャンを着てきました。

さすがに「おおっ。

」と心の中で思ってしまいました。

似合っていないわけではなかったのですが、いつも友人が着る服とは全く違うものだったので、違和感がものすごくあったのです。

そんな感じで動揺してしまったので、結局私は友人の服装に触れることはありませんでした。

しかし、後から思えば触れておけば良かったと思わされます。

友人はそれから先、その服を着ることがなかったのです。

着ているのを私が見たことがないと言った方が正確だと思います。

互いに社会人になったので会う機会が少なくなりました。

一月に1,2回という感じです。

なので、着る機会と合わなかっただけかもしれません。

しかし、革ジャンを着ていたのを見たのは数年前の話。

一度くらいは合いそうなものです。

もしかしたら着なくなったのかもしれないと思ってしまいます。

実際にどうなのかは何となく恐くて聞けていません。

ただ、あの時、「似合ってるね。

」とか「カッコいいじゃん!」とか、何でも良いので言うべきだったなと今となっては思っています。

大人のメンズファッションおすすめです。新しいファッションに挑戦することの難しさを知っている私なのですから、そうすべきだったと反省しています…。

Comments are closed.