Home 九州のお水の特徴
« Home »
1月 20th, 2014 九州のお水の特徴 はコメントを受け付けていません。

九州のお水の特徴

Tags
Plurk
Share this

九州のお水のことを考えると一番影響を与えていると考えられるのは火山でしょうか。 先日も火山活動が起こり、噴火のニュースがありましたが、九州は火山活動が激しいことでも有名です。

桜島や雲仙岳、霧島山等近年聞いたことあるものだけでも結構ありますよね。

阿蘇山なども有名な火山で一度は聞いたことあると思います。 地層ではシラス台地という火山灰の地層があり、そこを通ってくるミネラルが豊富な水になるそうです。

日本の水は特に軟水と言われる水で、飲料に適しているのですがミネラル分が少ないと言われています。

逆に海外は硬水と言われ、ミネラル分が豊富です。コントレックス等が有名ですが、成分によって下痢をしやすいと言われ飲料に適さないとされています。

九州ではこの硬水と軟水の中間の中硬水が多いそうで、飲みやすい美味しいと言われています。 ちなみに軟水は硬度100以下、中硬水は101から300、硬水は301以上なのだそうです。

九州で有名な水と言えば日田天領水、霧島火山岩深層水など色々あるのでミネラル分と美味しさを求めるのなら、そのあたりから探してみたらいいですね!

Comments are closed.