九州のお水の特徴

九州のお水のことを考えると一番影響を与えていると考えられるのは火山でしょうか。 先日も火山活動が起こり、噴火のニュースがありましたが、九州は火山活動が激しいことでも有名です。

桜島や雲仙岳、霧島山等近年聞いたことあるものだけでも結構ありますよね。

阿蘇山なども有名な火山で一度は聞いたことあると思います。 地層ではシラス台地という火山灰の地層があり、そこを通ってくるミネラルが豊富な水になるそうです。

日本の水は特に軟水と言われる水で、飲料に適しているのですがミネラル分が少ないと言われています。

逆に海外は硬水と言われ、ミネラル分が豊富です。コントレックス等が有名ですが、成分によって下痢をしやすいと言われ飲料に適さないとされています。

九州ではこの硬水と軟水の中間の中硬水が多いそうで、飲みやすい美味しいと言われています。 ちなみに軟水は硬度100以下、中硬水は101から300、硬水は301以上なのだそうです。

九州で有名な水と言えば日田天領水、霧島火山岩深層水など色々あるのでミネラル分と美味しさを求めるのなら、そのあたりから探してみたらいいですね!

水を美味しく飲む方法

水道をひねって出た水が、飲めるというのは海外ではあまりないそうですね。

日本では水道水の水がそのまま飲めるからといっても、そのまま飲む人はなかなか少ないかもしれません。

たとえば水分を取るにしてもお湯を沸かしてお茶にして飲むというのが一つの方法ですよね。 日ごろ気付かずに美味しく飲む工夫をしていると思います。

水道局の人も美味しく飲める水を日々努力しているそうですが、カビ対策のための塩素臭等は微妙にしても仕方ないかなぁと思う部分もあります。

古い住宅に住んでいる人は、水道管が古くて錆臭があるという人もいますよね。中には水が赤いなんて話を聞きます。 水を美味しく飲む工夫は大事ですよね。

・水道の水をすぐに飲まず、少し流す
・煮沸した後冷まして飲む
・夜のうちに水をヤカン等にくみ取っておいておく
・レモン汁を入れる
・水を冷やす
・浄水器を取りつける

色々な方法がありますが、すぐに出来そうなものばかりですよね。 自分でもよくやっています。

身体に必要な水

身体に必要なものと言えば水。 人間は水が無ければ3日で死んでしまうと言いますよね。 大人は約60%、赤ちゃんは約75%が水でできていると言います。ちなみに男性より女性の方が水分の割合が少ないのだそうです。年をとっても水分が少なくなってしまいます。 女性の場合は脂肪分が多いからで、年をとると老化現象で少なくなってしまうのだそうです。

風邪をひいて熱が出ると汗が大量に出て体温を下げようとします。水分を取らないでいると脱水症状を起こし、汗が出なくなり、熱が上がってしまいます。 体重の10%の水が不足すると血液などの循環不全や腎不全、痙攣が起こり、20%になると死に至るという報告があります。

水はやはり大切なものなんですね。

身体に必要な水はいい水を取りたいと思うことは普通のことなのだと思います。 ミネラルを含んだきれいな水と睡眠をきちんと取れば、人間の一番大事な生活の第一歩になると思います。 衣食住がそろえば、健康に過すことができますよね。

このような念入りな処理によって、長い賞味期限が実現されているのですが、 その分、ミネラルウォーターには、防腐剤や保存料が一切入っていないので、 開封すると、すぐに腐ってしまうのです。

水道水と天然水の賞味期限

水道水は、殺菌消毒のために塩素がふくまれているので、 冷蔵庫で保管すると、だいたい1週間程の賞味期限があります。 また、この塩素は光にあてることで抜けていってしまうので、 雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

よく殺菌消毒した容器に水道水を入れて、 光に当たらないようにして保管すると、最大で3ヶ月ほど日持ちするそうです。

一度煮沸してしまっても、塩素は抜けてしまいます。 ですから、煮沸してしまった後も、雑菌が繁殖しやすいため、 2〜3日で飲むことが望ましいようですが、最大で1週間程だと言われています。

ペットボトルに入っているミネラルウォーターの賞味期限は、 2年くらいあります。 非常用の保存水だと5年というものもあります。

水道水よりも、格段に賞味期限の長いその秘密は、 ミネラルウォーターの製造方法にあります。

ミクロフィルターなどのろ過、殺菌、除菌作業され、 その作業後の中身充?と密栓の作業は、 密閉され、空気中の雑菌が混入しないようなクリーンルームで行われるのです。

このような念入りな処理によって、長い賞味期限が実現されているのですが、 その分、ミネラルウォーターには、防腐剤や保存料が一切入っていないので、 開封すると、すぐに腐ってしまうのです。

水の日

水は人類を含むすべての生物の源と言われています。地球は青かったというガガーリンの言葉のように水に恵まれた世界があります。 水があったからこそ、地球には生命体が生まれ、生物が謳歌していると言えるでしょう。

1992年12月、国連総会本会議にて毎年3月22日を「世界水の日」とすることが決まりました。 日本では毎年8月1日を水の日とし、この日から一週間を水の週間としています。 水の大切さについて地球規模で水について考える日としています。

河川流域を中心とした水の流れの中で、社会の営みと環境保全がバランスよく機能し確保されるような健全な水の体系を作っていかないと困ってしまうことになります。

先だっての震災以降放射性物質についてもそうですし、工場で使われた用水の処理や、微生物や菌、環境ホルモンや気候変動によって、水に関する環境は様々なものがあります。

美味しく水を飲むことができることに感謝し、これからも美味しく飲めるように行動していくことを是非水の日に振り返って考えたいですね。

飲料水と放射性物質

3月11日の震災以降、子供を育てているお母さん方は食の問題にとっても敏感ですよね。

飲料水に放射性ヨウ素が混入して以来、乳幼児用のミルクには水道水は怖くて使えないという話を聞きます。
実際、身近なところであれ以来飲料水はミネラルウォーターのみで過している人の話も聞きます。

以前は日本もWHOの水道水の基準値は10Bq/l以下に準じていたのですが、その30倍の300Bq/lに暫定基準値がきまったそうです。 厚生労働省が示した乳児の引用を控える暫定基準値は100Bq/l以下ですから、水道水が子供たちにとって基準を超えている可能性があるからなんですね。

甲状腺に異常が認められている子供たちが出てきているという話を聞きますから、飲料水もできるだけ安全なものを求めたいものです。

当時、放射性ヨウ素は半減期が8日と短いので時間がたつにつれ大丈夫かと思われたのですが、最近では半減期の長い放射性セシウム等が野菜やお茶の葉などから検出されました。

だんだんとあがる暫定基準値に不安の声があがるのも無理は無いと思います。 食の安全、特に水は無くてはならないものです。

自分がどんな飲料水を飲んでいるのか位の正しい情報を知りたいものですよね。

水アレルギーについて

食物や、金属、動物など様々なアレルギーがありますが、意外と知られていない水アレルギーの事について紹介したいと思います。 。

この水アレルギーは発症者は世界中でも数人(30人未満)しかいないという、とても珍しいアレルギーです。

名前の通り、水分に反応して、数分で触れた部分が赤く腫れて激痛を伴うそうで、患者はとても辛いのだとか。 もちろん、水に反応するため、涙や汗といったものにも反応してしまうため、お風呂にも入れない、涙も流せない、スポーツもできないと、かなりの範囲で日常生活に制限をうけてしまうそうです。

先天性でこの水アレルギーになる人もいれば、後天性でなる人もいるようで この水アレルギーというものに関しては、原因や治療法等は全くわかっておらず、とにかく水に触れないようにするしかないということだそうです。 重度になると、水分を摂取することもできないため、食事はドライフードで、水分は全乳しか摂取できないのだとか。

また、人間の体は60〜70%が水なため、現在の医療では特に対処法もないそうです。

体内の毒素は水で排出

デトックスという言葉を皆さんは聞いた事がありますか? これは体内の毒素を排出させるという健康法です。 健康にも美容にも効果があると言われている事から、 この方法を好んで実践している方は最近だいぶ増えてきているようです。

そしてこの毒素を排出する為の方法として、 とても有効だと言われているのが「水を飲む事」。 毒素を排出させる一番の近道は便や尿や汗なんですが、 これらを沢山出す為には水をしっかり飲む事が大切なんだそうです。

1日に2リットルの水を飲むと体の中が綺麗になるなどと言われているのは、 このような理由があるからなのです。 ですので皆さんも体内の毒素を排出したいと思ったら、 1日2リットルは水を飲むようにしましょう。 最初は結構大変ですが、慣れてくるとそれが普通になります。 ミネラルウォーターのペットボトル等を持ち歩き、 いつでも飲めるようにしておくと良いかもしれません。

また、水を飲む時の注意点としては、 冷たい水ではなくて常温の水を飲む事。 冷え過ぎの水はあまり体に良くないようです。 そして一気に飲むよりもちょこちょこと少量ずつ飲むのが良いようですよ。

水関連

私達の生活に欠かすことの出来ない水。 ここではそんな「水」に関連する言葉の意味をいくつか紹介していきます。

・名水百選 1985年に環境省が選定した、全国各地の名水100ヶ所。 湧水や河川、地下水などが選定対象。

・飲料水 上水道水や井戸水など人が飲用する水の事。食料品としての飲料水もある。 日本では数多くの河川の中流以上であれば飲料可能。これは世界的にみても珍しい。

・水郷 水のほとりの村の事。 茨城県と千葉県にまたがる利根川下流域から霞ヶ浦一帯の低湿地帯が有名。

・親水 水や川などと触れ合う事で、水に対する親しみを深める事。

・鍾乳洞 石灰岩が地表水や地下水によって浸食されて出来た洞窟の事。 一般的に石灰岩地帯に存在している。

・水系 河川に関連する用語。詳しく見ると「枝状水系」や「平行水系」など、 更に細かく分類される。

いかがだったでしょうか。 水に関連する言葉は本当に色々なものがありますね。 他にも挙げだしたらキリがありません。 それだけ私達人間と水の関わりは深いという事なのです。

活性水素水とは

最近はバナジウムが豊富なバナジウム天然水やミネラルが豊富なミネラルウォーター、水素が多く含まれる水素水など、さまざまな身体にいいと言われている「水」が人気です。

そんな中このサイトでは、主に活性水素水や水素水を中心に紹介や解説をしています。

まだあまり聞きなれない種類の「水」だとは思いますが、少しずつ確実に人気が上がってきている活性水素水を気に入っていただければと思います。

活性水素水や水素水の力
一般的に市販されているミネラルウォーターは、 塩素などを除去したもので、カルキ臭さが抜け、 また体に有害な物を除去しているので、 美味しいし、健康にもいいのです。

そして、水素水は、更にその中に、水素分子を高濃度に溶かしています。 水素水は、体内に発生した活性酸素を除去する働きがあります。

この活性酸素は、体内に有害な物質が入ってくると発生するもので、 体の老化、いろいろな病気や体調不良の原因と言われています。 ですから、活性酸素を減らすことで、老化防止、病気予防になると言われています。

今、いろいろなサプリメントが各社から出ていますが、 水素水もサプリメントの一種だと言えるでしょう。

さらに、2008年7月に掲載されたニュースでは、 ある医大の研究チームがおこなったマウス実験で、 「水素水が記憶力の低下を抑えられる」と考えられる結果を、 発表したとありました。

こうして、どんどん注目をされてきている水素水は、 今、コンビニやスーパー、ドラッグストアに置いてあったりします。 また、インターネット通販でも、でまとめ購入することもできます。